G-Renda
2024年06月23日(日)

G-Renda

PlayStation3関連
wii関連
Xbox360関連
ニンテンドーDS関連
その他
ゲーム情報新着30件






























プレスリリース
トップ » プレスリリース » 株式会社リブウェル

『物流データの標準化促進に向けたオープンプラットフォーム構築支援事業(物流標準化促進事業費補助金)』の申請サポート受付開始
2024年5月30日 株式会社リブウェル
Yahoo!ブックマーク  Buzzurl はてなブックマーク newsing ニフティクリップ Flog  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

中小企業を支援する株式会社リブウェル(大阪市北区、代表取締役 牧野谷 輝)では、2024年(令和6年)5月17日より公募受付が開始された『物流データの標準化促進に向けたオープンプラットフォーム構築支援事業(物流標準化促進事業費補助金)』の申請サポートの受付を開始いたします。

2024年5月30日 
報道関係者各位
プレスリリース

株式会社リブウェル

『物流データの標準化促進に向けたオープンプラットフォーム構築支援事業(物流標準化促進事業費補助金)』の申請サポート受付開始

 中小企業を支援する株式会社リブウェル(大阪市北区、代表取締役 牧野谷 輝)では、2024年(令和6年)5月17日より公募受付が開始された『物流データの標準化促進に向けたオープンプラットフォーム構築支援事業(物流標準化促進事業費補助金)』の申請サポートの受付を開始いたします。
※本補助金については、貴社の業種・事業・所在地域等を確認の上、弊社もしくはリブウェル行政書士事務所での対応、または最適な当社提携行政書士・中小企業診断士等をご紹介させていただきます。
 『物流データの標準化促進に向けたオープンプラットフォーム構築支援事業(物流標準化促進事業費補助金)』とは、荷主企業および貨物を実際に輸送する貨物運送事業者など、物流に係る関係者により構成された荷主企業2社以上を含む協議会にたいして、連携して行う共同輸配送等を図るための「物流・商流情報のオープンプラットフォーム」の構築や運営を行う取り組みを効果的に支援し、輸配送の効率化と積載率向上等の物流効率化を図ることを目的とするものです。
 補助対象となる事業は、「物流情報標準ガイドライン」を活用したデータ連携を行い、共同輸配送に取り組む実証事業を対象としています。補助対象の経費は、自社システムの改修費用、倉庫利用料、広報に係る費用等です。補助率は2分の1以内で、補助上限額は1協議会あたり3,000万円程度です。公募締め切りは2024年(令和6年)6月21日になります。事務局は、公益財団法人 流通経済研究所です。

認定支援機関の株式会社リブウェルでは、これまで15億円以上の補助金・助成金の申請をサポートしてきました。
今後も中小企業の皆様のさらなる成長に向け、貴社の事業を徹底サポート致します。

【申請サポートについて】
詳しくは、弊社ホームページよりお問合せください。
http://www.rivewell.jp/logisticsdata/

【会社概要】
会社名:株式会社リブウェル
資本金:1000万円
代表者:代表取締役 牧野谷輝(まきのやあきら)
事業内容:
・コンサルティング・出版事業
 東京・大阪を中心に全国対象に補助金・助成金申請サポート(行政書士・経営コンサルタント等の紹介等)を行っております。
・スクール事業
・セミナー・研修事業

【お問い合わせ先】
株式会社リブウェル 担当:森本
Tel: 06-6346-9077 Fax:050-3730-2273
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目11番4-1000号 大阪駅前第四ビル10階
E-mail:info@live-well.jp
URL:http://www.rivewell.jp/


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ
記事検索
特集
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ



モバイルサイトQRコード
左のQRコードから
G-Rendaモバイルサイトへアクセス
http://www.g-renda.com/