G-Renda
2021年10月16日(土)
 G-Renda

積極的に謎に挑んでこそ楽しめる「L.A.ノワール」の魅力とは

PlayStation3関連
wii関連
Xbox360関連
ニンテンドーDS関連
その他
ゲーム情報新着30件






























[PR]

積極的に謎に挑んでこそ楽しめる「L.A.ノワール」の魅力とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
L.A.ノワール

自分で推理して、星5つにしてこそ、L.Aノワールの真の面白さがわかる!
ロックスター社の新作ゲーム「L.A.ノワール」が、7月7日ようやく日本でも発売された。世界累計出荷本数は400万本。製作期間はなんと5年。開発人数は1370人。出演した俳優人数は400人。ソフトの総データ数は12ギガバイトなど。

とにかくどれもこれもとんでもない数字が並ぶ本作だが、今までのゲームと違い、一体どこが斬新なのか・・・それは、1940年代のロサンゼルスを徹底的に研究して造り上げた世界と推理サスペンスにある。今回は「L.A.ノワール」の魅力を語っていく。

L.A.ノワールの魅力とは

L.A.ノワールから感じられることは、当時のロサンゼルスを本当に歩いているかのような錯覚してしまうほどの作り込みにある。

ロサンゼルスの刑事になって、凶悪な犯罪、難事件を捜査する。今までのロックスターのゲームは、主にギャングや西部のガンマンなど、無法者を焦点に当てていたゲームだったのだが、今回は真逆であり、自由度も高くはない。

箱庭の世界で、好き放題暴れるゲームではなく、そこで起きた事件を自分で解決することを楽しむゲームである。つまり、推理が前提となっている。

そのために、かなり個人の評価が分かれるところだろう。

面白いと感じるのか、そうではないのかは、根本的なゲームへの取り組み方、スタンスの違いから生じてくるためだ。

ハリウッド映画のようなアクションシーンや、銃撃戦を期待した人は、素直に映画を見ることをお勧めする。

L.A.ノワールは、適当に本編ストーリーを進めていけば、20時間ぐらいでクリアできる。大体新作ソフトに7000円払って、わずか20時間でクリアできるなら、2時間ドラマ10本分の計算となる。

もちろん、それ以外にも、路上犯罪、車集め、ランドマークの探索など、色々あるのだが、そういうのを入れても、最近のゲームの長さからすれば短い部類にはいるだろう。

L.A.ノワールを楽しむのに一番重要なのは、「自分で考える」ことにある。関係者の証言が、本当なのか嘘なのかを、相手の表情や言動から、読み取って見破る。

また、自分で見つけた証拠から、事件を自分なりに推理して、答えを導き出してこそ、真の意味で楽しめる。

この二つは車の両輪のような関係で、証拠集めが不十分だと、証拠が足りないために、事件を100%解決に導くことができなくなる。また相手の証言を見破ることでも、新たな証拠や、証言が生まれるので、証言も重要だ。

こうしたことを一つ一つの事件で繰り返していくと、とてもハリウッド映画のようにスピード解決にはほど遠くなる。

しかし、それでいいのだ。急いでクリアして、ストーリーを楽しむコンセプトで、このゲームは作られていない。事件を自分なりに推理して100%解決に導く。それでも謎が残る場合は、伏線と思えば良い。

直感に頼らず、慎重な捜査を進めて行き、事件解決で星5つ評価を得ることの満足度は、ハリウッド映画を1本見たときの評価とは比べ物にならない。自分で謎を解く姿勢の違いで、評価が180度変わってくる。

そして、自分なりの推理を構築して物語を少しずつ楽しめる人間にとっては、このゲームは神ゲーとなるわけだ。

この雰囲気が好きだから購入した。でも、楽しめないと感じた人は、どうか視点を変えて見て欲しい。是非とも、自分で事件を解決することの達成感と満足度を味わって欲しい。

L.A.ノワールに収録されたストーリーは序盤こそ、簡単なのだが、難易度は徐々に上がっていく。容疑者の数、証拠品も増える。そのために推理も複雑になるのだが、解いたときの満足度はさらに高まる。

以上。今回はL.Aノワールの魅力について語った。事件を観るのではなく、自分で推理して解く。その姿勢こそ、このゲームでは求められている。

外部リンク

詳細ページ

Amazon.co.jp : L.A.ノワール に関連する商品
  • ワクセルとe-sportsタレント GENKIモリタ氏&英会話スクール代表 嶋村卓亮氏がコラボレートし、e-sports×英会話プロジェクト始動(10月10日)
  • 謎解きホラー脱出アドベンチャー『貞子M 未解決事件探偵事務所』一般体験会#2の開催が決定!(10月7日)
  • 京都ゲシピeスポーツ英会話レッスン(限定無料)がスタート! 世界の仲間と楽しめるeスポーツをみんなとやってみよう!(10月2日)
  • 怪異を撃破し峠を脱出せよ!スリリングな和製ホラーマッチ3パズル 『怪奇!三致峠』アプリ配信開始!(9月30日)
  • ケータイショップ「テルル」主催|第4回テルルeスポーツ大会詳細と大会エントリーのお知らせ(9月27日)
  • [PR]
    Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    特集
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    モバイルサイトQRコード
    左のQRコードから
    G-Rendaモバイルサイトへアクセス
    http://www.g-renda.com/