G-Renda
2021年02月25日(木)
 G-Renda

ゲームの内容が変わる「マジコン対策」、その目的とは

PlayStation3関連
wii関連
Xbox360関連
ニンテンドーDS関連
その他
ゲーム情報新着30件






























[PR]

ゲームの内容が変わる「マジコン対策」、その目的とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
マジコン対策
ゲームの内容が変わる「マジコン対策」、その目的とは
近年、メーカーが携帯ゲームソフトに施す「マジコン対策」(ソフトの違法コピーデータを正常に起動させないための対策)の中に、ゲームの内容が変わってしまう物が多々現れている。 
 
そのことについて、コピー品で遊ぶユーザーに、心理的不安を与えるのが目的であると、マジコン問題に詳しい「ハッカージャパン」(白夜書房)編集部の岡本氏は語る。 
「マジコン対策」起動させないだけで十分、ではない?
例をあげると、熱狂的ファンで話題の恋愛シミュレーション「ラブプラス+」は、コピー版では「いつまでたっても彼女ができない」「好感度が一切上がらない」や、「ドラゴンクエストⅤ」の、ゲーム冒頭で主人公が乗る船が、永遠に港に到着しない、「ドラゴンクエストⅥ」の、住民が語尾に「お!」をつけて話す、「海腹川背・旬」の、主人公が使うルアーが使い物にならないなど、以上のようにゲーム内で奇妙な現象が起きるといったものだ。

マジコン対策

マジコン対策

マジコン対策

マジコン対策

なぜ、そんな奇妙な対策を行うのか
マジコン対策
岡本氏はこれについて、コピー品で遊ぶユーザーに心理的不安を与えることが目的であると語る。 
 
起動しないという対策だけでは、回避さえすれば正規品と同様に遊ぶことができるが、展開が微妙に違う対策を複数施せば、一つを回避したとしても、「これで本当に正規版と同様か?」という不安に襲われる。
 
ならば、正規版で買った方が良い、と思わせることが出来るのだという。
メーカーも必死なんです。


ゲームの「マジコン」によるコピーソフトの起動、それに対する「マジコン対策」、さらにそれに対するプロテクトの解除。果たしてそれが全てかなと、実は複数の「マジコン対策」を仕込むメーカー。このいたちごっこは今後も続くだろう。

しかし決して、メーカーも遊びでやっているわけではない。

皆が正規品を購入することで、この「マジコン対策」が表に出ることがない事を一番願っているはずだ。ちゃんと正規品を購入するか、保護者の方に買ってもらいましょう。
 

外部リンク

ラブプラス+ 
海腹川背・旬 
ドラゴンクエストⅣ・Ⅴ・Ⅵ  
ハッカージャパン

Amazon.co.jp : マジコン対策 に関連する商品
  • G2 Studiosが制作協力をした 「SNOOPY Mogu-Mogu Restaurant」のリリースが決定(2月25日)
  • eスポーツのアマチュア大会を審査・支援する「公認大会制度」に、e-suppleが支援を本格開始(2月22日)
  • eスポーツのアマチュア大会を審査・支援する「公認大会制度」に、e-suppleが支援を本格開始(2月22日)
  • 『ぷよぷよeスポーツ』「色覚多様性に対応したぷよぷよ体験会」を開催(2月20日)
  • 【LIFULL HOME'S × QuizKnock】「ホームズくんの事件簿 本田翼を捜索せよ!」WEBキャンペーン開始!(2月18日)
  • [PR]
    Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    特集
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    モバイルサイトQRコード
    左のQRコードから
    G-Rendaモバイルサイトへアクセス
    http://www.g-renda.com/