G-Renda
2021年10月16日(土)

G-Renda

PlayStation3関連
wii関連
Xbox360関連
ニンテンドーDS関連
その他
ゲーム情報新着30件






























プレスリリース
トップ » プレスリリース » 消費者経済総研

経済評論家の消費者経済総研・松田優幸がインフレ,デフレ,ハイパーインフレ解説
2021年9月18日 消費者経済総研
Yahoo!ブックマーク  Buzzurl はてなブックマーク newsing ニフティクリップ Flog  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

経済評論家の消費者経済総研・松田優幸が、わかりやすい例え(具体例)で解説。インフレ,デフレ,ハイパーインフレとは?


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU1NSMyNzAwOTcjNjE1NTVfRENzWnB3WFN6Uy5naWY.gif?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data ]
   【3分でわかるシリーズ】
   経済評論家の 消費者 経済 総研の
    松田優幸が、簡単解説​​

  -- 消費者 経済 総研 --

■【インフレ,デフレ,ハイパーインフレとは?】

※インフレは、インフレーションの略で
 物価上昇のこと。

インフレ、デフレ、ハイパーインフレや
CPI(消費者物価指数)の意味・仕組みを簡単説明

  -- 消費者 経済 総研 --

■【インフレやデフレは、なぜ起こる?】

インフレとデフレの発生メカニズムを
わかりやすい例え(ミカンの値段の具体例)で
わかりやすく解説

  -- 消費者 経済 総研 --

■【物価目標とは?】

・金融政策では、
 金融緩和(アベノミクス第1の矢)で
 インフレターゲット(物価上昇率の目標)を、2%に。

・財政政策では、
 財政出動(第2の矢)でも、デフレ脱却へ

  -- 消費者 経済 総研 --

■【物価は、目標? それとも結果?】

物価上昇率2%の達成は、厳しいのか?
そもそも物価指数は、「目標」ではなく「結果」か?

  -- 消費者 経済 総研 --

■【インフレとデフレ どっちがいい?】

そもそも、インフレとデフレどっちがいい?
それぞれのメリット・デメリットは?

デフレスパイラルが進むと、問題点は何か?
そもそも、デフレで何が悪い? 悪い点とは?

なぜインフレ目標が、必要なのか?

  -- 消費者 経済 総研 --

■【ハイパーインフレとは?】

海外の歴史で、ハイパーインフレの事例は?
大規模な戦争では、どうなった?

先進国でも、過去は起きたが、21世紀は起きない?
日本では、金融引き締め等で、制御可能か?

経済評論家の消費者経済総研・松田優幸が
これらを、わかりやすく簡単に解説

 --消費者 経済 総研--

■【本件の詳細は?】

本ページは、「告知ページ」です。
詳細解説は、消費者経済総研サイトに掲出中です。
下記↓URLリンクから、ご覧下さい。
https://retail-e.com/syouhisya-keizai-inflation-deflation.html


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU1NSMyNzAwOTcjNjE1NTVfRENzWnB3WFN6Uy5naWY.gif?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data ]
■【物価目標は、総裁選の争点か?】

2021総裁選では、
物価上昇率2%目標は、争点になるか?

---消費者 経済 総研---

■【取材・出演の依頼】

消費・経済テーマの、番組での解説・出演・コメント
執筆・寄稿、講演・セミナー、取材 等々
これらのご依頼も、ご相談・ご連絡下さい。  

休日も、消費の現場の取材・被取材などで動いて
いますので、土日も対応可能です。
  
(メディア関係者・企業・法人様への対応ですので
 一般個人の方はご遠慮下さい。)

---消費者 経済 総研---​

■【消費者経済総研】とは

消費・商業・経済を、調査・分析し、予測します。
また企業・ビジネスの最前線も、解説しています。

さらに、GDP、短観など経済指標や、
財政政策、金融政策も対象です。

経済評論家の松田優幸が、
わかりやすく解説しています。

---消費者 経済 総研---

■【解説者 プロフィール】
  
松田優幸|消費者経済総研|チーフコンサルタント

◆25年間の間「個人投資家」としても、活動中  
 
株式の投資家として、
マクロ経済(金利、GDP、物価、貿易、為替)の分析や  
ミクロ経済(企業動向、決算、市場)の分析にも注力。  

◆近年は、  
消費、経済、商業、店舗、ヒット・トレンド等で、
番組出演、執筆・寄稿、セミナー・講演等で活動  
 
◆現 在は、  
消費者経済総研 チーフ・コンサルタント  
兼、(株)リテール エステート・リテール事業部長  

◆資格は、
 ファイナンシャル・プランナーほか

---消費者 経済 総研---

■【松田優幸・略歴】

◆1986年 私立 武蔵高校 卒業  

◆1991年 慶応大学 経済学部 卒業  
 
*経済学部4年間で、下記を専攻
  ・マクロ経済(GDP、失業率、物価、投資、貿易等)  
  ・ミクロ経済(家計、消費者、企業、生産者、市場等)
 ・労働経済学  

*経済学科 高山研究室の2年間 にて、  
 ・貿易経済学・環境経済学を研究  

◆慶応大学を卒業後、東急不動産(株)、東急(株)、
 (株)リテール エステートで勤務  

*1991年:
 東急不動産に新卒入社し、
 途中、親会社の東急(株)に逆出向 ※ 
  ※親会社とは、広義・慣用句での親会社  
 
*2005年:
 商業コンサルのリテールエステートに移籍  

*東急グループでは、  
 消費経済の最前線の現場である、店舗・商業施設
 等を担当し、企画開発、運営、店舗指導、接客等で、
 消費の現場の最前線に立つ  

*リテールエステートでは、  
 全国の消費経済の現場を調査・分析し、
 その数は、受託調査+自主調査で多岐にわたる。  
 
 商業コンサルとして、店舗企業・約5000社を、
 リサーチ・分析したデータベースも構築  
 


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU1NSMyNzAwOTcjNjE1NTVfRENzWnB3WFN6Uy5naWY.gif?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data ]
■詳細は?

消費者経済総研のサイト内に本件のページを
掲出中です。詳細は、下記URLからご覧下さい。
https://retail-e.com/syouhisya-keizai-inflation-deflation.html


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU1NSMyNzAwOTcjNjE1NTVfRENzWnB3WFN6Uy5naWY.gif?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data?size=file_data ]
■当総研​が提供する情報は、正確性・完全性等の保証はなく、利用・活用は、利活用者の自らの判断・責任であり、損害が生じても当方は一切の責任を負いません。


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

記事検索
特集
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ



モバイルサイトQRコード
左のQRコードから
G-Rendaモバイルサイトへアクセス
http://www.g-renda.com/